FC2ブログ

2市長が運賃値下げ補助金継続拒否を明言

昨日、印西、白井2市長が
平成27年度以降の北総鉄道への
運賃値下げ補助金不交付を表明した

京成と北総鉄道が「こうできるはずだ」という
外からのそろばん勘定で
高校・大学生を持つ市民家庭の苦労を
賭けに使ってしまった
運賃問題について
県や沿線他市の協力も今後は得られないだろう

これがどういう結果になるかは
歴史が証明していくことになるだろう

北総線の更なる運賃値下げへ合意形成を求める決議案

印西市議会最終日の12月18日、「北総線の更なる運賃値下げのため、
関係者間の合意形成を求める決議案」が議員発議案として出され、
15対5で可決されました。
賛成議員は海老原、浅沼、岩崎、近藤、酢崎、中澤、橋本、藤代、
松尾、上條、軍司、金丸、板橋、松本、小川義の各議員、
反対議員は雨宮、大塚、国嶋、山本、山田の各議員です。

決議案は、補助金交付の継続も含めて検討し、
「北総線を利用する市民の利益を最優先に考え、
平成27年度以降の北総線運賃の更なる値下げのため、
慎重かつ合理的判断に基づき、関係者間の合意形成を求める」ものです。

私は同決議案提出に対し、賛同議員として名を連ねると共に
北総線を使って通学する高校生、大学生を持つ市民家庭の立場で
賛成討論を行いました。

<賛成討論全文>
議席番号13番、松尾栄子です。発議案第2号、北総線運賃の更なる値下げのため、関係者間の合意形成を求める決議について、賛成の立場から討論を行います。
 いろいろ高尚な議論が行われていますが、私はただただ、この結果で影響を受ける市民家庭の立場から討論を行います。
 北総線の運賃問題については、千葉ニュータウン入居者、沿線住民は長年にわたり、大変高額な運賃の中で苦労してきました。特に高校生、大学生を持つ家庭の負担は非常に重く、子どもが高校生になる時期になると、千葉ニュータウンからよそへ転出していく世帯が相次いでいました。
 この高額運賃、高額な通学定期の負担にあえぐ市民家庭を何とか救えないかと、印西市は近隣の当時の1市2村に呼び掛け、平成17年から通学定期助成を開始しました。これがこの地域の運賃値下げへの第1歩になりました。しかし、これは市への負担も大きく、年齢制限等により救済されない人などもありました。
 このため印西市は、さらなる一歩として県や他の沿線市にも呼び掛け、平成22年7月から現在の枠組みの中で北総鉄道への補助による運賃値下げがスタートしました。
 地域の未来を担う子どもたち、それを抱える市民世帯への熱く温かい思いが、千葉ニュータウン地域の印西市、白井市のみならず、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、船橋市の、北総線以外にも鉄道を持つ各市や県、国をも動かしてこの枠組みを実現しました。
 今、この枠組みの維持が問われています。新たなスキームという話もありましたが、今後にわたってこの運賃問題の解決に取り組んでいくには、沿線市の信頼関係がなければ不可能です。こわすのは簡単ですが、この枠組みを新たに作るのは本当に大変なことです。
 決議案にもあるように、万が一にも協議が行われないままに沿線6市の枠組みが破たんし、北総線の運賃が値上げされる事態になれば、あの高校生、大学生のいる家庭が次々に地域外へ転出していく不毛の時代に逆戻りしてしまいます。
 当事者である印西市が主体的にならずに、どうして県や他の沿線市が前向きに取り組んでくれるでしょうか。市は12月末までに市としての結論を出すとしています。今ならまだ間に合います。印西市が主体となり、白井市、船橋市にも積極的に呼び掛け、沿線に住む市民家庭への思いを最優先に、沿線市間の信頼回復に努め、決議案にある通り、北総線運賃の更なる値下げのため、慎重かつ合理的判断に基づき、関係者間の合意形成を求めていくことを期して、賛成討論といたします。  (12月18日印西市議会最終日)

成田スカイアクセス/京成ダイヤ改正

成田スカイアクセス(成田新高速鉄道)の
7月17日開業に伴う京成電鉄・北総鉄道のダイヤ改正の概要が
昨日(5月27日)付けで発表されました。

それによると、
●在来線最速の160㎞/時で、
 日暮里ー成田空港間を36分で結ぶ新型スカイライナーが
 上り28本、下り26本
●成田空港ー羽田空港間を直結する一般特急「アクセス特急」が
 上り25本、下り26本 運行されるとのことです。

千葉ニュータウン地域で乗降できる(新鎌ヶ谷、千葉NT中央、印旛日医大)
「アクセス特急」は、
●羽田空港ー成田空港間103分
●羽田空港ー千葉NT中央間72分
●日本橋ー千葉NT中央間38分・印旛日医大間44分
●押上ー千葉NT中央間28分・印旛日医大間34分 
●高砂ー千葉NT中央間18分(720円)・印旛日医大間24分(780円)
など、現在より大幅に所要時間が短縮され、料金も若干下がります。
また
●千葉NT中央ー空港第2ビル間は28分(790円)
●印旛日医大ー空港第2ビル間は21分(680円)です。

ただし、運行本数は
ピーク時の下りが約20分間隔、
その他は40分間隔とのこと。

今議会の一般質問で私は
まさにこの問題を取り上げています。
(6月4日午後の予定)

スカイライナーの運行で、都心ー成田空港が
36分と大幅に時間短縮されることは
成田空港の地位向上に大きく貢献することでしょうが
千葉ニュータウン地域にとっては
一般特急の「アクセス特急」の本数が増えることが
今後の課題です。