FC2ブログ

初質問

 6月14日から初の定例議会があり、私も初めての一般質問をしました。

 これまで長年、新聞の取材で地域を走り回り、行政、議会等を見てきましたので、質問に盛り込みたいことは山ほどあります。

 30分の質問時間(執行部側の回答時間は含まない)を目いっぱい使い、公約に挙げた「ひとにやさしいまちづくり」「つよく安心なまちづくり」のほか「市民にわかりやすい情報提供」の3項目で、
危険交差点の安全対策や渋滞対策 高齢者福祉 テーマ性のある企業誘致 北総線の運賃対策、等、
多数の視点から、市の姿勢や取組みを質しました。
 (詳細は、「議会報告」のコーナーで。)

 質問では、落ち着いて、わかりやすく、私が思うところを市に対して述べ、市の考えを質せたと思うのですが、項目を欲張りすぎたため、再質問の最後の方で、残り時間を気にして、少し早口になってしまったことが、今後のための反省点です。

 質問の数日後、私が質問した「大店法届出の市ホームページでのインターネット公開」が、さっそくホームページに掲載(リンク)され、また、見通しの悪い交差点で視界をさえぎっていた雑草がきれいに刈られ整地されているのを見かけ、できることにすぐに対応する市の姿勢に好感を持つとともに、やはり、伝えるべきことは伝えていかなければならないと思いました。

 また、即座に対応できない問題も多数ありますが、こうしたことも、一般質問で言いっぱなしではなく、その後の対応を最後まで関心と責任をもって見守っていかなければならないと思っています。

 まだまだ、したい質問は山ほどありますが、定例議会は年4回ありますので、今後も一つ一つ、しっかりと調査をしながら質問に取り組んでいきたいと思います。