FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「目指す」ということ

 私は昨年の正月まで16年間、印西市を含む
千葉ニュータウン地域の新聞を発行してきました。
紙面には書きませんでしたが、
今北総で起こっている事実ができるだけそのまま読者に伝わり、
人々がその記事をもとに、今わがまちで起こっていることを知り、
考え、話し合うことのできる紙面を目指して、
毎月毎月、締切りの限界の中で、
一つの記事についても、市町村や県、時には国まで直接取材し、
何日も徹夜しながら、
「日本一」読みやすく、わかりやすい新聞づくりを
目指してきました。

「目指す」というのは、
目標を掲げ、それに向けて努力を続けることです。
「これでいい」ではなく、
常に「さらにより良いかたちがあるのではないか」と考え
妥協しないことです。

明け方まで一面のトップ記事について書き直し、
そのまま印刷所に向かい、一日校正をしながらさらに書き込み、
夕方仕上がった新聞を20数軒の新聞販売店に
ふらふらになりながら届けたことも
今は懐かしい思い出ですが、
1号1号、決して「これでまあいいや」と妥協しなかったこと、
常に、その時できる最高を目指してきたことが、
私の誇りです。
(16年の無理のおかげで、身体はボロボロになりましたが。)

 新聞は、当初の目標であった15年を超え、
「精一杯やった」と思えたことで
昨年の新年号をもって終刊とさせていただきました。

現在、私は皆様のおかげで議会に議席をいただき、
これまで地域を歩き、
さまざまなものや出来事をみてまわった経験を生かして
微力ながらもまちづくりに関われることになりましたが、
この場合でも、私の目標は
「日本一住みやすいまち」を目指すことです。

「これでいい」とか、「この程度で仕方がない」と
どこかであきらめてしまうのではなく、
常に「さらにより良いかたちがあるのではないか」と見直しながら、
こうした思いを一つにできる仲間と共に
努力を重ねていきたいと考えています。
スポンサーサイト

AED(自動体外式除細動器)

昨年末、地元町内会の自主防災組織の主催で防災訓練があり、
ご近所の皆さんと参加してきました。
消火器による初期消火や煙体験、応急手当てなど、
日頃、なかなか実際には体験できない実践的な訓練で、
参加してよかったねという声があちこちから聞こえてきました。

なかでも初体験だったのは、AED(自動体外式除細動器)の実演。
 AEDは、最近、駅や公共施設、スポーツ施設、ショッピングセンターなどで
多く見かけるようになった救急医療器具で、
突然心臓や呼吸が止まり倒れた人等に電気ショックを与え、蘇生させる装置です。
 
装置には音声ガイダンスがついており、たまたま近くで人が倒れたときには、
一般の人でもガイダンスにそって簡単に使用でき、
機械が自動的に電気ショックが必要かどうかを判定し、
必要であればショックが与えられるようになっています。
急に人が倒れたときには、救急車が到着するまでに、
人口呼吸、心臓マッサージと合わせてAEDを使用することで、
救命率が非常に高くなるということです。

でも、一度も使用法を見たこともない装置は、
なかなか使用する勇気が出ませんね。
そういう意味で、今回の実演は、
こうした最新の救急救命装置が身近に感じられ、
とても参考になるものでした。

昨年は、9月に船穂小学校で市の防災訓練が行われ、
消防車・救急車等による大規模な消火訓練のほか、
町内会や地区福祉協議会による
町内の要援護者の避難訓練なども行われて、
こうした地域の連携が、これからはますます
必要になってくるなあと実感してきたところです。

地元の町内会の訓練は消防車などはなく、
万が一の火災等の際に各家庭でできる初期消火や
怪我の応急手当てなど簡単なものでしたが、
その分、非常に身近で,実際に体験でき有意義なものでした。

阪神淡路大震災や中越地震、能登半島地震、中越沖地震など、
近年日本各地で大災害が続いています。
市や町内会などの主催でおりおりに防災訓練が開かれていますので、
ぜひご家族やご近所で参加してみてください。
そして、それを機に、お茶(お酒)でも飲みながら話してみることで、
ご近所の連携もさらに深まるのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。