FC2ブログ

不法投棄対策/テレビ等の引き取り日を

決算審査特別委員会が終了しました。
なんだか急に夏風邪をひいてしまい
マスクをつけっぱなしで
頑張った3日間でした。

決算審査は、行政が行う全ての分野にわたって
一年間取り組まれた事業や事業費の妥当性等を審査し
次の予算編成等に生かしていきます。

昨日の最終日は都市建設部、環境経済部ほかの
審査が行われました。
放射線対策や21住区の公園整備、
木下、小林駅圏のまちづくり、等のほか
私が特に質問したのは不法投棄対策です。

市内の森林等への産業廃棄物の大がかりな不法投棄問題のほか
現在ごみとして収集していないテレビや冷蔵庫、エアコン、タイヤ等が
市内各所に不法投棄され、
これらの処理に300万円以上がかけられています。
これらは基本的に買ったお店で回収してもらったり、
買い替え時に引き取ってもらうことになっていますが、
買ってから何年も経ち、引っ越しで購入店から離れたり
テレビ等は複数台あったりで、
なかなか処分しにくいのでしょう。

こうした処分に困る品物を処分してくれる専門業者があり、
市でも紹介してくれています。
もちろん有料ですが、品物ごとにきちんと料金が定められており
高額ではなく、安心できる料金です。
トラックの“無料”廃品回収のように
重い品物を持って行ってみると高い処分料を取られたり
ほんとうにきちんと処分されているのかといった
不安感もありません。

印西市では、小林から栄町へ向かう国道356号沿いに
「本埜共進」という処分業者があり、
私も大掃除などの時に出る処分困難物を何度か持ち込みで
お願いしたことがありますが、
いかんせん、一般の方々は、場所がわからず
なかなか利用しにくいのではないかと考えています。

そこで、今回の決算時には
こうした処分業者と提携し、
3カ月に一度程度でも、市役所駐車場などで
テレビ等、ごみとして収集しないこうした処理困難物の
有料引き取り日を作れないか、提言しました。
どこへ出せばよいのかがはっきりわかれば
多くの市民は、たとえ有料でもきちんと処分に出し、
不法投棄は大幅に減るのではないかと思います。

担当課では、いろいろ難しい問題もあるとのことではありましたが
検討していくとのことでした。

9月議会

9月議会が進行中です。
9月4日の初日から10日まで
5会派の代表質問、11議員の個人質問が終了し、
11日議案の上程、審議が行われ、
13日から決算審査特別委員会が開催されているところです。

今回の議会は、7月の市長選で板倉氏が当選後初の定例議会であり、
初日から議会の傍聴席(36席)が満席になるほど
多くの傍聴の方が見えていました。
今年度からインターネット議会中継が始まり、
市役所入口ロビーのテレビで生中継も放映されていますので
傍聴席に入りきれず、そちらでご覧になった方も
多かったようです。

私は9月7日、3番目に個人質問を行いました。
今回の質問では、
これまでの山﨑市政から板倉市政への転換を受けて
どのように市政が変わっていくのか
印西市の今後に大きな影響を与える重要な問題4項目について
新市長の考え方と具体的な方策を質しました。

質問内容は以下の通りです。

1.印西クリーンセンター更新問題について
 板倉新市長が、選挙において最大の公約とされた印西クリーンセンター更新問題について伺います。
(1)市長の印西クリーンセンター問題についての基本姿勢
(2)印西地区環境整備事業組合での対応と管理者・副管理者会議での協議内容
(3)更新の時期・必要性についての考え方と「無駄遣い」の内容について
(4)今後の方針と具体的な取り組みについて

2.手賀沼終末処理場への放射性物質を含む焼却灰の保管所問題について
 東葛各市のごみ処理施設から出る放射性物質を含む焼却灰の一時保管施設が手賀沼終末処理場に計画されている問題について伺います。
(1)市長の基本的な考え方
(2)地元町内会の考え方と対応方針
(3)今後の対応
 
3.千葉ニュータウン事業の収束に伴う課題と関連事業について
 平成25年度末の千葉ニュータウン事業の収束を控え、多くの課題が残されています。市長の取り組み方針について伺います。
(1)これまでとの方針の相違について
(2)未処分地の処分について
(3)暫定施設本設化への対応と買い物難民救済の具体的な方策について
(4)事業区域内外を結ぶ幹線道路について
(5)21住区の整備について
(6)社会資本整備総合交付金事業を活用した市内各域の一体的整備について
(7)これからの印西市のまちづくりについて

4.北総線運賃問題について
 市民の生活、印西市のまちづくりに影響を及ぼす北総線の運賃問題について、市長の考え方を伺います。
(1)沿線6市、県、鉄道事業者との合意による補助金について
   ①市内の通学定期利用者数について
②今年度分の補助金支出について
   ③平成26年度までの補助金支出について
(2)今後の取り組みについて
   ①平成27年度以降の運賃問題に対する考え方
   ②今後の具体的な取り組み方針、     以上

 板倉氏は、市政に影響を与える重要な問題について、
多くの点でこれまでの市政を批判され、圧倒的な支持を得て当選されました。
新体制発進のけじめとして、
新市長の考え方、具体的な取り組み方策を伺ったものです。

 終了後、何人もの方から、
論点がよく整理されており、わかりやすかった、とてもよかったと
お褒めの言葉をいただきました。

印西市議会のホームページから、録画中継を見ることができます。
印西市議会ホームページ議会中継録画映像を見る9月7日一般質問松尾榮子VOD
ぜひご覧いただき、感想をいただければ幸いです。