FC2ブログ

ネット選挙

インターネットを使った選挙が解禁になった。
インターネットの普及は本当に便利で
ネットの中ではだれでも
多くの情報に触れ、多くの人の考えを知り
また自分の考えを発信することができる。

しかし、ネットの中の情報は
根拠のある正しいものもあれば
噂話程度の根拠のないもの、
時には悪意に満ちたデマ情報さえもある。
発信者自体がその情報の出所を確認し、
公正な見方で書いていると
常に保証されているわけではない。

私は長年、地域の新聞を発行してきた中で
一つの情報を多くの人々に発信することが
どんなに責任の重い大変なことかを
身をもって感じてきた。
だからこそ、一つのことを書くのにも
基となる情報の出典を確認し、
できるだけ公正に客観的事実に基づいて書くよう
努めてきた。

しかし、現在のネット社会は
そうした規範を持たなくても
だれでも思ったことをそのまま発信できる
よくいえば自由、
反面、なんの基準もない無法地帯でもある。

だれかがだれかの一方的な悪口を書いたり
自分の思い込みに基づく間違った情報を事実のように書いたり
時には意図的に自分と対立する人々を貶めたりする、
悪意のある人がやりたい放題の怖い世界でもある。

しかも、ネットの中の情報は、
一度投入されてしまうと
次から次へとつながり、広がり、拡散されて
二度と完全回収はできない。
「拡散希望」と、あえてそれを狙う手段さえある。

こうした中で、選挙にネットの使用を取り入れることは
本当に大きなリスクを伴うことだと思う。

ネット社会へのツールを真っ先に取り込んだ一部の人々が
常に正義の味方であり、公正な書き手であればよいが
時にはある意図を持った人々が
自分と意見が相いれない人々とを対立構造の中において
(もちろん、自分は常に正義の味方)
相手への攻撃を書き連ね、
議論を用いずに相手にダメージを与える手段にすることすらある。

「裏情報」が常に隠された真実であるわけではない。
根拠のない誹謗中傷が選挙の基準であってはならない。
こうしたネットへの書き込みや対応が、
議員の仕事の最も重要な部分であったり、
一日のうち最も時間を割くことであってはならない。

それよりも、何よりも、
議員には市や県や国の様々な施策、
福祉や教育や基盤整備や環境等々について
現場を調べたり、予算配分の状況を質したり、
地域の行事等に参加して市民の生の声を聞いたり、と
やることがまだまだたくさんあるのではないか。

情報があふれる時代、ネット利用者には
情報を見極める力が求められている。

議員の出欠簿

5月15日発行の印西市議会だよりに
昨年度(24年度)の議員の出欠簿が掲載されていました。
本会議は、病気等よほどの事情以外に
休む人はいないと思いますが
問題は委員会です。

◎総務企画、文教福祉、建設経済の3常任委員会は
(今年2月からは予算審査も常任委員会に)
全員がどれかの委員会に所属し
執行部から各議会に提案される議案や
市民からの請願等の審議を行います。

◎議会運営委員会は、各議会の本会議、委員会等の日程や
議案審議の順序、委員会に付託するかどうか等を審議し決定します。

◎特別委員会は、予算審査(2月から常任委員会)、決算審査のほか
執行部からの提案議案以外に、
緊急に取り組むべき課題等について
議会自身が特別に委員会を設置し、調査研究を行います。
24年度末の時点では
○ニュータウン等対策特別委員会
○クリーンセンター次期中間処理施設整備等特別委員会
(以上、議長・副議長以外の議員はいずれかに所属)
○議会改革特別委員会(会派人数に応じ選任)が活動。

◎全員協議会は議会全議員が集い、市の施策内容や
その時々の懸案課題等を協議する場となります。

以上、いずれも公式の委員会、協議会であり、
出席は公務となっています。

これら委員会等は本会議に比べ、市民の目に届きにくいところがありますが、
様々な議題に細かいところまで質疑、調査等を行う実質的な議論の場です。
しかし、これら委員会等になると
途端に欠席議員が多くなるのはどうした訳でしょうか。

会議や行事等にきちんと出席している議員を「テープカット議員」と称し
「市の行事等に出席するのを議員の仕事と勘違いしている」と
評している人もいると聞きましたが
「議員の出欠簿」に掲載されているのは
委員会、全員協議会等の公務への出欠であり、
行事等への出欠は含まれていません。
これを入れると、さらに欠席者は増えることでしょう。

ちなみに私は、市の行事や道路・施設のオープン式典等も
議員の仕事の一部と考え、できる限り参加しています。
仕事で忙しい市民に代わり、新しくできた道路、施設、市の行事等を確認し
どのような施設ができたか、どのように利用できるかを市民に伝えたり
様々な催し等を現場で直接見て、多くの人の声を聞き、
市政に反映していくことも重要と考えるからです。

委員会等を含め、議会の各種会議への出席は
議員の仕事の基本の「き」。
広い視野で、一つ一つの仕事に前向きに取り組みながら
つよく優しいまちづくりに取り組んでいきたいと思っています。