FC2ブログ

一回り

新年度になりました。
先日は地元の小・中学校の入学式に出席させていただき
明日への希望にあふれる新入生の皆さんの様子を拝見してきました。

地元の木刈小学校は、今年77人の一年生が入学し、
3クラスになりました。
ニュータウンの入居初期の我が家の子供たちの頃には
各学年4~5クラスのマンモス校で、
仮設の校舎で毎学期ごとに転入生を受け入れていました。

木刈地区の入居が一息ついた10年ほど前からは、
毎年新入生の数が減少し、ここ数年はギリギリ2クラスで、
(1クラスの学年も一度あったと思います。)
当初は少なかった隣の小倉台地区の子どもたちが増え
入居の地区ごとに子どもの数が変遷していく
ニュータウンのまちづくりの特殊性を実感する場となっていました。
それがここ2-3年で学区内の新たな地区の入居が進み
新一年生が3クラスとなったことは、
地域の人々が笑顔で語り合う良い話題になっていました。

隣の小倉台小学校も駅南側のマンションや戸建住宅地の入居等が続き、
新一年生は148人、5クラスとのことです。
木刈中学校は139人・4クラス。
伝統の素晴らしい全校合唱に包まれた感動の入学式でした。

久々に地域全体の子どもの数が増え、
活気に満ちた新学期となりました。

何しろ、木刈小学校も木刈中学校も、
今年、創立30周年ですから!
ニュータウンも、もう1世代回り、
初期入居の子どもたちが親になり、
その子どもたちが入学するようになったんです。
こうして一つの街がようやく昔ながらの街々と同様
世代が入り混じり、成熟した街になっていくんですね。

小学校の新入生たちは、担任の先生から名前を呼ばれ、
精一杯大きな声で返事をし、
後ろを向いて笑顔を見せる姿がとても可愛らしく
ほのぼのとした入学式でした。
昨年はこの一年生たちと同じように緊張していた2年生が
すっかりお兄さん、お姉さんになって、
一年生への歓迎の言葉を立派に述べ、
この時期の子どもたちは一年の間に、
こんなに大きく成長するのだということを
改めて感じさせてくれました。

一日一日成長する
希望に満ちたこの子どもたちを
地域みんなで守っていきたいですね!

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する