FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員の出欠簿

5月15日発行の印西市議会だよりに
昨年度(24年度)の議員の出欠簿が掲載されていました。
本会議は、病気等よほどの事情以外に
休む人はいないと思いますが
問題は委員会です。

◎総務企画、文教福祉、建設経済の3常任委員会は
(今年2月からは予算審査も常任委員会に)
全員がどれかの委員会に所属し
執行部から各議会に提案される議案や
市民からの請願等の審議を行います。

◎議会運営委員会は、各議会の本会議、委員会等の日程や
議案審議の順序、委員会に付託するかどうか等を審議し決定します。

◎特別委員会は、予算審査(2月から常任委員会)、決算審査のほか
執行部からの提案議案以外に、
緊急に取り組むべき課題等について
議会自身が特別に委員会を設置し、調査研究を行います。
24年度末の時点では
○ニュータウン等対策特別委員会
○クリーンセンター次期中間処理施設整備等特別委員会
(以上、議長・副議長以外の議員はいずれかに所属)
○議会改革特別委員会(会派人数に応じ選任)が活動。

◎全員協議会は議会全議員が集い、市の施策内容や
その時々の懸案課題等を協議する場となります。

以上、いずれも公式の委員会、協議会であり、
出席は公務となっています。

これら委員会等は本会議に比べ、市民の目に届きにくいところがありますが、
様々な議題に細かいところまで質疑、調査等を行う実質的な議論の場です。
しかし、これら委員会等になると
途端に欠席議員が多くなるのはどうした訳でしょうか。

会議や行事等にきちんと出席している議員を「テープカット議員」と称し
「市の行事等に出席するのを議員の仕事と勘違いしている」と
評している人もいると聞きましたが
「議員の出欠簿」に掲載されているのは
委員会、全員協議会等の公務への出欠であり、
行事等への出欠は含まれていません。
これを入れると、さらに欠席者は増えることでしょう。

ちなみに私は、市の行事や道路・施設のオープン式典等も
議員の仕事の一部と考え、できる限り参加しています。
仕事で忙しい市民に代わり、新しくできた道路、施設、市の行事等を確認し
どのような施設ができたか、どのように利用できるかを市民に伝えたり
様々な催し等を現場で直接見て、多くの人の声を聞き、
市政に反映していくことも重要と考えるからです。

委員会等を含め、議会の各種会議への出席は
議員の仕事の基本の「き」。
広い視野で、一つ一つの仕事に前向きに取り組みながら
つよく優しいまちづくりに取り組んでいきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。