FC2ブログ

環境整備事業組合議会

昨日は一日、印西地区環境整備事業組合議会でした。
印西市、白井市、栄町の2市1町で構成している事業組合で
管内約18万人のゴミの処理と処分を行う印西クリーンセンター、
還元施設の温水センター、最終処分場、
印西斎場、平岡自然公園等の事業を行っています。
いずれも、私たち市民の生活になくてはならない施設です。

現在千葉ニュータウン中央駅前にある印西クリーンセンターは
操業開始以来29年目を迎え、ごみの焼却施設としては全国でも最長寿。
老朽化が進んでいることから、次期施設の建設に向けて
検討が進められてきました。

組合が設けた用地検討委員会による3次の検討結果をを受けて
昨年末、組合管理者・副管理者(3市町長)会議において
次期施設の建設候補地が「吉田地区」に決定したところです。
今後、組合と地元町内会等において
建設予定地としての合意形成に向けて
協議が進められます。

印西市からは私を含め5議員が組合議会議員として
組合提案の事業や予算執行等の審査にあたっています。
全体では白井市からの3人、栄町からの2人の計10人です。

私は次の通告にそって一般質問を行いました。
詳細についてご関心のある方はお問い合わせください。

印西地区環境整備事業組合議会一般質問
                    松尾栄子
1.印西地区ごみ処理基本計画に基づく排出抑制の取り組みと成果について
 印西地区ごみ処理基本計画は平成26年度から40年度の15年間を計画期間として印西地区のごみ処理に関する計画を定めています。平成26年度はその初年度にあたることから、取り組み状況について伺います。
(1)平成26年度ごみ処理実施計画の進捗状況
① 一般廃棄物の処理について(排出量、前年同期比)
② 焼却灰の処理について(処理方法別処理量、前年同期比)
③ 有害ごみの処理について(処理量、前年同期比)
④ 資源物の処理について(処理量、前年同期比)
  ア、ビン類、ペットボトル、プラスチック製容器包装等
  イ、缶類の売り上げについて
  ウ、紙・布類の売り上げについて
(2)ごみ減量化の取り組みと実績

2.次期中間処理施設整備事業について
用地検討委員会の答申を受け、昨年12月、正副管理者会議での協議を経て建設候補地が吉田地区に決定しました。これを受けて組合では周辺町内会との協議を開始し、今年度中を目標に事業開始に向けた協定締結を目指すとのことでした。そこで伺います。
(1)吉田地区との協議状況
(2)周辺町内会への対応
(3)今後の取り組みとスケジュール
(4)次期施設稼働の目標年度について
(5)次期施設の規模について

3.現中間処理施設と余熱利用施設について
 次期中間処理施設の建設計画が新たな段階に入ったことを受けて、現焼却施設ほかの延命化対策等についても具体的な対応が求められる段階になりました。そこで伺います。
(1) 延命化(長寿命化)計画の現況について
(2) 国交付金等の取扱いについて
  平成39年度までの長寿命化計画に基づいて交付金の申請が行われていると思うが、現況と取り扱いについて。
(3) 温水センターの今後と老朽化対策について
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する